【居酒屋の店長に休みは0】将来性の無さに絶望した話

今回は居酒屋の店長である僕が、体験談で感じた将来性の少なさに関してブログを書いていこうと思います。

ぶっちゃけ、 居酒屋の店長はめちゃくちゃ大変だし、絶対に働くべきではないし、将来性が少なすぎて毎日が不安です。

手に職ついてるから安心じゃんと思われがちですが、明らかにきつい業務の毎日で、いつか体を壊すことは明白なのです。

なので生涯年収を最後まで稼ぎ続けることができず、結果的にはめちゃくちゃ少ないお金しか居酒屋の店長という職業からは得られないということです。

その辺りの将来性の絶望度合いについて、今から深く解説します。

 

【体験談】居酒屋の店長に将来性は皆無

 

僕が居酒屋の店長には将来性が皆無だと思う理由は、主に三つあります。

  1. 居酒屋の店長は休みが少ないから将来性がない
  2. 居酒屋の店長は給料が低いから将来性がない
  3. 居酒屋の店長は結婚もできないから将来性がない

 

この三つです。

今からその将来性がないと思う理由についても解説していきます。

 

居酒屋の店長は休みが少ないから将来性がない

 

居酒屋の店長は休みがめちゃくちゃ少ないです。

特に繁忙期となると、週7日出勤は当たり前です。

そうでなくても週6出勤は当たり前ですし、バイトが欠勤したら穴埋めのために休日を返済するのも当たり前なので、そうなると週7出勤になります。

当然帰るのは一番最後ですから、勤務時間も相当長いです。

それなのに残業代は出ないし、 有給を取ることもできません。

こんな仕事に将来性を感じる方が無理だと思いませんか?

休みが少ないということは、 プライベートの充実感もないので、毎日が地獄のような日々です。

楽しいことなんて一つもないのが居酒屋の店長なので、そのうち倒れてしまうと思います。

だからこそ僕は居酒屋の店長は将来性がないと思うわけです。

 

居酒屋の店長は給料が低いから将来性がない

居酒屋の店長はめちゃめちゃ月給が安いです

あれだけの激務をこなしながら、月に25万円程度のお金しかもらえないし、サービス残業は当たり前なので、時給換算すると、600円とかになります。(もっと少ない月もある)

そんな薄月給で居酒屋の店長を続けていて、もし仮に結婚とかしたらどうなるでしょうか?

お嫁さんを養うこともできず、 共働きで家庭はどんどん進んでいくと思います。

子供の面倒もろくに見れないので、子供から父親扱いされないでしょう。

だから居酒屋の店長はその側面で見ても、 将来性が全然ないと言えると思います。

 

居酒屋の店長は結婚もできないから将来性がない

 

居酒屋の店長は、 しっかりとした結婚はできないと考えています。

なぜなら時間もないし、 お金もないからです。

また心の余裕も、お店の上でいっぱいいっぱいなので、家庭に使う余裕がなく、安定した家庭を築くのは難しいと考えます。

そうなると最初から独り身で、 結婚しない選択をするしかなくなるのです。

だから居酒屋の店長には、結婚している人が少ないのではないでしょうか。

一緒にお店を手伝ってくれる優しい奥さんができれば話は違うと思いますが…

居酒屋の店長が結婚するためには、 好きな人と結婚するのではなく、お店を一緒に回してくれる優秀な奥さんかどうかを見極めることが大切になるかもしれませんね。

 

しかも居酒屋の店長は「ウザい」と思われるから友人も少ない

居酒屋の店長はバイトの人からうざいと言われます。

なぜなら忙しい中、そのバイトの子が受け取りやすい言葉に直して優しく教えてあげる暇がないからです。

どうしても口調が強くなりがちなので、 必ず影で悪口を言われます。

そうなると店長としての威厳もなく、なかなか自信も持てないので魅力的な男性ではいられません。

そうすることで周りから人が離れていきやすくて、 心の許せる友人などもなかなかできません。

良い人生を送るためには、良い友人が必要不可欠だと思っています。

居酒屋の店長やっていると、良い友人に恵まれることは少ないので、そういう面で見ても居酒屋の店長に将来性はないと言えるでしょう。

これから居酒屋の店長を始めようと思っている方の参考になれば幸いです。

SNSでもご購読できます。