2019年 5月 の投稿一覧

【居酒屋店長は底辺なのに激務】体験談から語る本当の厳しさ

居酒屋店長のボクが、激務具合とどれぐらい大変なのかを熱く語っていきたいと思います。

これから居酒屋店長をやりたいと考えている若い皆様に、少しでも参考になる記事になると幸いです。

僕が二十歳に戻れるなら絶対に居酒屋店長は選びませんでした。

しかし一度居酒屋店長になってしまうと、底辺の負のループから抜け出せず、激務に追われながら別の場所に転職することもできずに人生がどんどん過ぎていきます。

それこそ明るい未来なんて居酒屋店長には絶対にありません。

なので事前にどれぐらい底辺なのかを知っておくことによって、 その未来の選択肢を変更することを強くお勧めしたいのです。

 

居酒屋店長は激務!休みもろくに貰えないから底辺!

僕が居酒屋の店長を大変だと思う最大の原因は、休みがろくに貰えないことだと思います。

どれだけ仕事内容が充実していたとしても、人として最低限の休みをもらえない以上、どこまで行っても満足度の高い人生にはなりません。

居酒屋の店長は非常に激務ですし、休みなしで働けるような簡単な労働環境ではありません。

それなのに週7日も働かされるので、さすがにこれは底辺と言わざるを得ないですね。

せめて有給が使えればそんなことも思わないのですが、有給を使えることも年に数回と稀ですし、明らかにちゃんとした職場ではないと思っております。

 

居酒屋店長が底辺だと思う3つの理由

居酒屋の店長が底辺だと思う理由は他にもたくさんあります。

その中でも大きく分けると三つあるので、 その三つを体験談ベースで具体的に話していこうと思います。

 

雇われ店長だと給料少ないからきつい

雇われ店長はとにかく給料が少ないです。

自分の店を持って経営者として働いていれば、それなりにお金がもらえると思います。

友人の居酒屋の店長の給料を例に出すと、月40万円ぐらいはもらえるそうです。

これぐらいの給料がもらえていれば、休みが少なくても文句は言いませんし、居酒屋店長としての労働のキツさを給料の高さで我慢できるので、底辺だと思いません。

しかし安月給で働かされていれば、明らかに大変な仕事だと思わざるを得ないし、僕もなかなかやりがいを感じることができません。

最低限人としてしっかりと暮らせていける環境が、 居酒屋店長が底辺だと呼ばれないための脱出の鍵なのではないでしょうか。

 

自分で店舗を持っても赤字経営で潰れる

先程給料が高ければ頑張れると言いましたが、そのために自分のお店を持つことでデメリットもあります。

居酒屋店長として完全に自分で独立するデメリットは、赤字経営になって借金まみれになり、人生がどうにもならなくなってしまうことです。

居酒屋の店長を雇われてやった後に、 不満が溜まりまくるから自分の手で店を持つという店長は多いですが、居酒屋で 黒字経営をするのはすごく大変です。

何の後ろ盾もなくずっと黒字経営はほぼほぼ無理なので、そうなると自分の人生をどん底に落としてしまう危険性もあるわけです。

そう考えると居酒屋の店長はあまり夢ある仕事だとは言えませんよね。

これが僕が大変だと思う理由の一つです。

居酒屋店長の個人的な見解ではありますが、少しでも参考になれば幸いです。

 

【まとめ】底辺激務ではなく立派な居酒屋店長になるには?

底辺を抜け出した立派な居酒屋店長になるためには、まずは雇われ店長を辞めて独立すること、そして何とか戦略的に動いて、自分のお店を持ち黒字経営を継続させることです。

正だしこの道は簡単な道ではありません。

様々な困難が居酒屋店長を苦しめることになると思います。

しかしそんな困難にも立ち向かい、しっかりと結果を残せる居酒屋の店長だけが、 底辺も脱出できると思います。

僕もいつかは自分の店を持ち、 底辺の居酒屋を抜け出すために頑張りたいと思っています。

【居酒屋店長はクズ?】バイトからウザいと言われ続けた体験談

居酒屋店長のボクが、今回は「居酒屋店長がクズでうざい」と言われる理由について考えてみようと思います。

実際僕も、居酒屋の店長として働いていて、自分に聞こえるように陰口を言われたり、直接 LINE でうざいと言われたり、女遊びしてるから絶対クズでしょ?とお客さんに言われたり散々な目に遭ってきました。

そんな僕だからこそ語れる真実があると思います。

 

居酒屋の店長がクズだと言われる理由

居酒屋店長がクズだと言われる理由は何でしょうか?

僕は大きく分けて三つあると思います。

その居酒屋店長がクズだと言われる三つの理由を丁寧に解説していきましょう。

ぶっちゃけ居酒屋店長はそこまでクズじゃないし、 ウザくないということを読者の方には知ってほしいと思います。

 

居酒屋の店長は仕事柄女遊びをしていると思われがち

居酒屋店長をしていると、酔っ払ったお客さんから連絡先を聞かれたり、 いい感じの雰囲気で笑い合ったりします。

あくまでも接客の範囲内なのですが、はたからみれば女と楽しそうに喋って連絡先を交換しているので、たくさん女遊びをしていそうというイメージがついてもおかしくはありませんね。

そのイメージのせいで、 女とたくさん遊んでるからクズでしょう?と言われるのですが、実際居酒屋の店長は女と遊んでいるほど暇ではありません。

毎日お店のことはバイトの管理、 仕込みなどに追われているので、クズになりたくてもクズになりようがないのが現実です。

それなのに一方的なイメージでクズ扱いするのはちょっと酷すぎませんかね?

 

居酒屋の店長は怖いと思われているから陰口を言われる

居酒屋の店長は、店長という立場から怖いというイメージを持たれます。

そして日本の風習なのですが、怖い人に対しては陰で文句を言う、悪口を言うのがその人たちのストレスのはけ口になるので、常習的に行われています。

これはどんな会社でも一緒だと思うのですが、居酒屋の店長でも当てはまります。

怖い上司の文句を言わないと、 その組織で自分の精神を保っていられないのでしょうね。

こればっかりは僕にも防ぎようがないので、居酒屋店長の宿命だと諦めるしかないと思っています。

 

居酒屋の店長はウザいと思われがちだからクズ扱い

居酒屋店長は、 バイトの子に注意する時、お店が忙しい時に言わないといけないのであまりオブラートに包んで物を言うことができません。

なのでどうしても口調が荒くなりがちで、それが原因でバイトの子から嫌われます。

バイトの子からうざいと思われるのは、 居酒屋店長としてしっかりと仕事を全うしてる証だと思うのですが、そんなことはお構いなしにクズ扱いされてしまいます。

ちょっと今日の店長の言い方うざくない?」と僕も何か言われたか覚えていません。

ですがそれは業務上仕方のないことで、こちらも悪気があって言ってるわけではないので、少しは見逃して欲しい気持ちもあります。

 

【まとめ】居酒屋の店長はウザくないしそこまでクズではない!

結論を言えば居酒屋の店長はそこまでクズではありません。

ただ世の中のイメージや、評判的にはクズだと思われても仕方ないのかもしれません。

しかしこれだけは知っておいてほしいのですが、 居酒屋店長も一生懸命働いた結果、クズに見えてしまうというジレンマに陥っています。

できることならクズとかうざいとか言われたくないです。

少しは居酒屋店長の頑張りにも目を向けて労ってあげる気持ちも持ち合わせてはどうでしょうか?

僕以外の居酒屋店長でいいので、 その方たちには優しくしてあげてほしいと願っております。

【居酒屋の店長に休みは0】将来性の無さに絶望した話

今回は居酒屋の店長である僕が、体験談で感じた将来性の少なさに関してブログを書いていこうと思います。

ぶっちゃけ、 居酒屋の店長はめちゃくちゃ大変だし、絶対に働くべきではないし、将来性が少なすぎて毎日が不安です。

手に職ついてるから安心じゃんと思われがちですが、明らかにきつい業務の毎日で、いつか体を壊すことは明白なのです。

なので生涯年収を最後まで稼ぎ続けることができず、結果的にはめちゃくちゃ少ないお金しか居酒屋の店長という職業からは得られないということです。

その辺りの将来性の絶望度合いについて、今から深く解説します。

 

【体験談】居酒屋の店長に将来性は皆無

 

僕が居酒屋の店長には将来性が皆無だと思う理由は、主に三つあります。

  1. 居酒屋の店長は休みが少ないから将来性がない
  2. 居酒屋の店長は給料が低いから将来性がない
  3. 居酒屋の店長は結婚もできないから将来性がない

 

この三つです。

今からその将来性がないと思う理由についても解説していきます。

 

居酒屋の店長は休みが少ないから将来性がない

 

居酒屋の店長は休みがめちゃくちゃ少ないです。

特に繁忙期となると、週7日出勤は当たり前です。

そうでなくても週6出勤は当たり前ですし、バイトが欠勤したら穴埋めのために休日を返済するのも当たり前なので、そうなると週7出勤になります。

当然帰るのは一番最後ですから、勤務時間も相当長いです。

それなのに残業代は出ないし、 有給を取ることもできません。

こんな仕事に将来性を感じる方が無理だと思いませんか?

休みが少ないということは、 プライベートの充実感もないので、毎日が地獄のような日々です。

楽しいことなんて一つもないのが居酒屋の店長なので、そのうち倒れてしまうと思います。

だからこそ僕は居酒屋の店長は将来性がないと思うわけです。

 

居酒屋の店長は給料が低いから将来性がない

居酒屋の店長はめちゃめちゃ月給が安いです

あれだけの激務をこなしながら、月に25万円程度のお金しかもらえないし、サービス残業は当たり前なので、時給換算すると、600円とかになります。(もっと少ない月もある)

そんな薄月給で居酒屋の店長を続けていて、もし仮に結婚とかしたらどうなるでしょうか?

お嫁さんを養うこともできず、 共働きで家庭はどんどん進んでいくと思います。

子供の面倒もろくに見れないので、子供から父親扱いされないでしょう。

だから居酒屋の店長はその側面で見ても、 将来性が全然ないと言えると思います。

 

居酒屋の店長は結婚もできないから将来性がない

 

居酒屋の店長は、 しっかりとした結婚はできないと考えています。

なぜなら時間もないし、 お金もないからです。

また心の余裕も、お店の上でいっぱいいっぱいなので、家庭に使う余裕がなく、安定した家庭を築くのは難しいと考えます。

そうなると最初から独り身で、 結婚しない選択をするしかなくなるのです。

だから居酒屋の店長には、結婚している人が少ないのではないでしょうか。

一緒にお店を手伝ってくれる優しい奥さんができれば話は違うと思いますが…

居酒屋の店長が結婚するためには、 好きな人と結婚するのではなく、お店を一緒に回してくれる優秀な奥さんかどうかを見極めることが大切になるかもしれませんね。

 

しかも居酒屋の店長は「ウザい」と思われるから友人も少ない

居酒屋の店長はバイトの人からうざいと言われます。

なぜなら忙しい中、そのバイトの子が受け取りやすい言葉に直して優しく教えてあげる暇がないからです。

どうしても口調が強くなりがちなので、 必ず影で悪口を言われます。

そうなると店長としての威厳もなく、なかなか自信も持てないので魅力的な男性ではいられません。

そうすることで周りから人が離れていきやすくて、 心の許せる友人などもなかなかできません。

良い人生を送るためには、良い友人が必要不可欠だと思っています。

居酒屋の店長やっていると、良い友人に恵まれることは少ないので、そういう面で見ても居酒屋の店長に将来性はないと言えるでしょう。

これから居酒屋の店長を始めようと思っている方の参考になれば幸いです。

【居酒屋の店長と大恋愛なんて無理】体験談を元に女性店員と俳優の名前も考察する

今回は居酒屋店長経験のある僕が、ドラマ居酒屋の店長代恋愛について少し思うところがあったので書いていこうと思います。

居酒屋店長のキツさを知ってる僕からすれば、そもそも彼氏が居酒屋の店長なんて可哀想過ぎる…

このブログで語っている通り、居酒屋の店長はとてもきつく、恋愛なんてしている状況ではありません。

毎日仕込みはバイトの子の面倒を見ないといけないので、 そこにお嫁さんや子供ができてしまうと、すべてが疎かになってお店を回すのは困難だと思います。

なので居酒屋店長の僕から言わしてもらうと、やはりドラマはドラマだなと思いました。

 

居酒屋店長の大恋愛なんて嘘

 

居酒屋の店長で大恋愛なんてできません。

なぜなら彼女に使う時間があるなら、お店に使う時間を優先しなければ、利益なんて到底出せないし、赤字で居酒屋の店自体が潰れてしまうことは目に見えてるからです。

仮に大恋愛ができたとしても、 そこから結婚なんて考えれないので、 相手の女性にたくさん迷惑かけてしまうと思います。

なので僕は居酒屋の店長時代はできる限り恋愛は避けてきました。

これが居酒屋店長の本来あるべき姿だと思っています。

 

居酒屋店長役の俳優は俺のほうがいい

もって言うなら俳優さんは、 居酒屋店長の経験なんてあるのでしょうか?

本当に毎日きついし、給料も少ないし休みもないので、 とてもじゃないけど恋愛なんてしてる場合じゃないと思います。

問題は居酒屋店長が恋愛をしていることではなくて、居酒屋の店長やったことない人が、大恋愛の役を努めようとしているところです。

さすがに経験したことないのに演じるなんて無理だと思うし、 やはりリアル感がないなと思いました。

それなら居酒屋経験のある僕が、俳優の代わりに出演した方が面白くなるのでは?とささやかな妄想を抱いてしまったことは秘密です(笑)

 

永野宗典さんは居酒屋の店長っぽくない

そもそも俳優の永野宗典さんは、居酒屋の店長っぽくない見た目をしていました。

もっとリアルに居酒屋の店長っぽい風貌の人が俳優に選ばれていれば、僕ももう少し楽しく見れたのですが、明らかに居酒屋の店長にああいう人はいないので、リアル感がなく少しつまらなかったです。

演技自体はさすがに俳優ということもあり、なかなか上手だと思いましたが、やはり居酒屋店長独特のリアルさが全然なかったです。

 

大恋愛の末に子供ができたら居酒屋の経営なんて無理

 

そもそも居酒屋の店長をやりながら大恋愛してしまったら、その先お嫁さんや子供を傷つけることになると思います。

なぜなら給料は全然ないので貧乏暮らしですし、時間もなかなか取れないので家族サービスもなかなかできません。

そうなるとお嫁さん側にかなりの負担をかけますし、子供もきちんと育てられないのでは?と思ってしまいます。

やはり現実的に考えると、居酒屋店長が大恋愛するためには、居酒屋店長を辞めて別の真っ当な仕事に就くことが必要不可欠だと感じました。

このドラマではそのような描写もなかったので、 やはり夢物語、ドラマの世界なんだなと感じざるを得ませんでした。

居酒屋の店長をやりながら結婚式なんて挙げられるわけないですしね。

ちはる役を演じていた女優の方はちょっと可愛かったから羨ましいけど。

居酒屋の店長がきつすぎるので、そういう妄想で楽しみながら人生を生きていきたいと思います。